茨城交通湊線

青字にリンクしています。

常磐線の勝田駅から、那珂湊を通り、阿字ヶ浦まで14.3kmを結んでいます。
1913年に湊鉄道として開業し、1944年に戦時統合で茨城交通湊線となりました。
1970年代に廃線となった北海道の私鉄から大量に気動車を購入していました。
1990年代までは国鉄、JRからの海水浴臨時列車の乗り入れもありましたが、年々輸送量は減少し、2008年に第三セクター化され、ひたちなか海浜鉄道となり、現在に至っています。
2011年の東日本大震災では、大きな被害を受けましたが、復旧しています。
茨城交通時代の1980年と、ひたちなか海浜鉄道となった2013年に訪問しています。
1980年5月4日撮影

写真をクリックすると拡大されます。「戻る」ボタンで戻ります。ディスプレイの解像度によっては表示されない場合があります。

キハ2005+キハ222
キハ2005は留萌鉄道から来た国鉄キハ22類似車。
2014年まで現役でした。
キハ222は羽幌炭鉱鉄道から来ました。
221~223の3両が来ましたが、222のみ2014年まで
残りました。
一面の麦畑が黄金色に輝いていました。
阿字ヶ浦~磯崎
キハ222+キハ2005
那珂湊
ケハ601
1960年新潟鐵工所製の日本初のステンレス車体の気動車。
1992年廃車。車体のみ現存
ケハ402
1957年新潟鐵工所製の自社発注車
阿字ヶ浦
キハ2005+キハ222
阿字ヶ浦~磯崎
キハ2005
阿字ヶ浦~磯崎
キハ2005+キハ222
磯崎~平磯

キハ2005+キハ222
磯崎~平磯
キハ2005+キハ222
磯崎~平磯
キハ1001
留萌鉄道から来た国鉄キハ11をベースとした気動車。
オヘソライトが特徴ですが、吹雪のない湊線では無用の長物。
那珂湊
キハ1001
横に国鉄から入ってきたキハ11が見えています。
那珂湊
キハ1103
留萌鉄道から来たキハ20の類似形式
那珂湊
キハ223
羽幌炭鉱鉄道から来たキハ22の同型車。
北海道らしく旋回窓がついています。
那珂湊
キハ1002
キハ1001と同型。
那珂湊
ハフ46
東野鉄道を経由して入線した元国鉄キハ41000
付随車化されハフ46となりました。
那珂湊
ケキ101
1953年新潟鐵工所製の自社発注機。
廃車寸前の写真です。
1980年廃車
ケキ103
1958年新潟鐵工所製自社発注機
1990年廃車
キハ2005+キハ222
那珂湊
キハ222+キハ2005
勝田