日立電鉄

青字にリンクしています。

1928年に常北電気鉄道として開業。1944年から日立電鉄となりました。
水郡線の常陸太田から、常磐線の大甕(おおみか)を通り、日立市内の鮎川まで18.1kmを結んでいました。
訪問したのは1980年一回ですが、この頃はガソリンカーの改造車や荷物電車の改造車も走っており、変わった電車の宝庫でした。
地元 日立製作所の通勤輸送が主な仕事でしたが、設備の老朽化により、2005年で廃止されました。バブル崩壊による日立製作所の合理化も廃止の原因でした。
1980年5月4日撮影

                                 
モハ11形モハ12
1948年日立製。
戦後最初に登場した車両。
営団地下鉄の注文流れとも言われています。
1994年廃車
大甕
モハ11形モハ12
モハ11形モハ12
モハ11形モハ11
モハ13形モハ13
1935年汽車会社製の元相模鉄道キハ1001→モハ1001。
電気式ディーゼル車を電車に改造。
1948年に譲受。
同型車が4両ありました。
1996年廃車
モハ13形 モハ13
モハ13形モハ13
モハ13形モハ13
常北大田

モハ13形モハ13
常北大田
モハ13形モハ15
常北大田

モハ13形モハ15
常北大田
モハ13形モハ16
常北大田
モハ1300形モハ1301
1929年東洋車輌製の元宇部鉄道モハ21形→国鉄モハ1300形
1958年入線。両運転台に改造され、1991年廃車。
常北大田
モハ1300形モハ1301
モハ1302も同型でしたが、1979年に廃車されています。
常北大田
クハ2500形クハ2502
元東横電鉄のキハ1型→神中鉄道(相模鉄道)クハ2500。
クハ2501と2両ありました。
同系車に上田交通クハ272 273
元東横キハ1の原型を留め関東鉄道鉾田線キハ42202があります。
1992年廃車
常北大田
モハ51
元加太鉄道(南海加太線)デニホ51。弘南鉄道を経て入線。
1982年廃車
常北大田
クモハ110
元静岡鉄道
1979年入線 1994年廃車
鮎川
モハ1000形モハ1001
1926年日本車輌製の元小田急モハ1形モハ5
→相模鉄道モハ1001
1993年廃車
大甕
モハ1000形モハ1001
京福電鉄ホデハ271熊本電鉄モハ301も元小田急1形です。
鮎川
モハ1000形モハ1005
元小田急モハ1形モハ4→デハ1104
こちらは直接入線
1993年廃車
常北大田
モハ1000形モハ1006
元小田急モハ1形モハ18→デハ1109
こちらも直接入線
元小田急
鮎川
モハ1000形モハ1007
元小田急モハ1形モハ13→相模鉄道モハ1007→モニ1007
相模鉄道時代に荷物車に改造。
同型車が3両ありました。
荷物扉をそのまま使用していました。
鮎川
モハ1000形モハ1008
元小田急モハ1形モハ14→相模鉄道モハ1008→モニ1008
荷物扉以外は小田急1形の面影を残しています。
鮎川
モハ1000形モハ1009
元小田急モハ1形モハ15→相模鉄道モハ1009→モニ1009
鮎川
モハ1007車内
クハ2504
元国鉄クハ16121→相模鉄道クハ2511→クニ2511
1979年入線
1991年廃車
鮎川