江ノ島鎌倉観光電鉄

青字にリンクしています。

1902年、江ノ島電機鉄道として開業。1949年~1981年江ノ島鎌倉観光電鉄。1981年~江ノ島電鉄。通称「江ノ電」。
東海道線藤沢から江ノ島を経由し、鎌倉まで10kmを結んでいます。
途中は路面区間あり、1067mmゲージとしては最も急なカーブ(半径28m)あり、民家の軒先をかすめて走る区間あり、と変化にとんでおり、江ノ電自体が観光資源化しています。
路線図は、江ノ島駅の近くで販売されている、「江ノ電もなか」の包装紙を加工しています。
右上のボタンから最近の「江ノ電」にリンクしています

600形602
元東急玉川線デハ80形105→世田谷線デハ80形88
1970年入線。1990年廃車。
601が東京都世田谷区に保存されています。
また651の前面のみ、江ノ電もなかを販売する「扇屋」
の店頭になっています。
1978年4月撮影
長谷


600形602
1978年4月撮影
極楽寺~長谷


600形603
元東急玉川線デハ80形106→世田谷線デハ80形89
上記602より一足早く、1983年廃車。
1978年4月撮影
極楽寺
500形502
1956年東急車輛製の自社発注車。
現在存在する500形とは無関係。
2003年廃車
1978年4月撮影
100形107
1931年新潟鉄工製の自社発注車。
1980年廃車。107は由比ガ浜で保存。
108が極楽寺車庫で動態保存されています。
100形には他社から譲渡された111~117があり、
そのうち京王電気軌道6形を譲受けた115が1956年に
栃尾鉄道に譲渡され、クハ111になっています。
1978年4月撮影
100形105
東急から来た600型に藤沢駅高架化の際モーターを供出し休車。
結局1979年に廃車。
休車中の写真です。
1978年4月撮影
極楽寺
100形110
105と同じ運命をたどっています。
まだ休車中のはずですが、台車もなく、ボロボロでした。
1978年4月撮影
極楽寺
100形107
1978年4月撮影
極楽寺
100形107
1978年4月撮影
極楽寺
300形301
元東京都電150の車体を利用した、江ノ電初の連接車。
1992年廃車。
1978年4月撮影
極楽寺
300形306+356
元東京都電150形と170形を連接した車両。
1991年廃車
1978年4月撮影
極楽寺~長谷
300形351+301
1983年9月撮影
稲村ガ崎~極楽寺

300形305+355
1960年に増備された連接車
現役です。
極楽寺
1978年4月撮影
極楽寺駅
1978年4月撮影


300形304+354
1958年に100形106と109から改造した連接車。
2005年廃車。
1978年4月撮影


300形304+354
1983年9月撮影
江ノ島~腰越
300形304+354
1983年9月撮影
江ノ島~腰越
500形552+502
1983年9月撮影
江ノ島~腰越
300形353+303
1957年に100形103と104を改造した連接車。
2008年廃車
1983年9月撮影
江ノ島~腰越
300形305+355
1983年9月撮影
江ノ島~腰越
1000形1001
1979年東急車輛製の自社発注車。
江ノ電近代化の先兵。
1985年に冷房化され、現役。
1983年9月撮影
腰越
300形356+306
1983年9月撮影
腰越
500形501
1956年東洋工機製の自社発注車。
2002年廃車。
1983年9月撮影
腰越