銚子電鉄

青字にリンクしています。

銚子~外川 6.4kmを結んでいます。
1923年開業ですが、1913年~1917年に銚子遊覧鉄道なる鉄道が存在しており、銚子から犬吠までは、ほぼその路線を踏襲しています。何度も経営危機に陥っていますが、「ぬれ煎餅」の販売で危機を切り抜けた話は有名です。
四国の伊予鉄道からの譲渡車が活躍しています。
昔から訪問したい路線でしたが、機会がなく、2013年になってようやく訪問しました。
2013年8月13日撮影

写真をクリックすると拡大されます。「戻る」ボタンで戻ります。ディスプレイの解像度によっては表示されない場合があります。

デハ2002+クハ2502
元京王2010系→伊予鉄道800系を2009年に二編成導入。
2010年より運行開始。
塗装は昔の京王電車。
銚子電鉄銚子駅はJR銚子駅のホームの先端にあります。
銚子
クハ2501+デハ2001
こちらも塗装は昔の京王電車。
まるで京王5000みたいな顔ですが、伊予鉄道時代の改造です、
銚子
デハ2001+クハ2501
デハ2001の方は元々の湘南顔です。
銚子
デハ2001+クハ2501
仲ノ町
デハ2002+クハ2502
仲ノ町
デハ1001
元営団地下鉄2046。
塗装は営団銀座線、番号も営団時代の番号になってました。
仲ノ町
デハ1001
仲ノ町
デハ1002
元営団地下鉄2040
こちらは丸の内線塗装です。
こちらも番号は営団時代の番号です。
仲ノ町
デハ1002
仲ノ町
デキ3
1922年ドイツAEG製の電気機関車。
1941年に宇部の沖ノ山炭鉱から入線。
集電装置はトロリーポールに戻されています。
車籍はありますが、本線は走れません。
仲ノ町
デキ3
仲ノ町
草茫々の線路。
犬吠駅
南欧風です。ここでぬれ煎餅が実演製造販売されています。
デハ2002
犬吠
デハ2002
犬吠
外川駅
開業時の駅舎が使用されています。
クハ2502
外川
クハ2502
外川
クハ2502
外川
デハ2002
外川
クハ2502
外川
クハ2501
外川
デハ801
伊予鉄道モハ100形106
1985年入線 2010年運用終了 外川にて保存中
外川
クハ2502 デハ801
外川
関東地方