津軽鉄道

路線図の青字にリンクしています。

五能線の五所川原から津軽中里まで20.7kmを走る本州最北端のローカル私鉄です。
北海道に旅客扱いを行っているローカル私鉄が無くなった今では、日本最北端の旅客ローカル私鉄となりました。
1930年開業ですが、まだまだ現役です。
1975年当時の車両では、DD35とナハフ1200(1202,1203)が今でも健在です。
1975年7月19日撮影

キハ2400(2403) 1950年新潟鉄工製の自社発注車。
1975年11月廃車。
津軽五所川原
キハ24000(24023) 
1962年~67年にかけて新潟鉄工で4両製造された、自社発注車
国鉄キハ20系の類似形式。1975年当時は主力でした。
2000年3月廃車。
津軽五所川原
DD35(351)
1957年新潟鉄工製。2両あり、今も健在で、冬にはストーブ列車を牽いています。
(DD351は休車中)
ロッド式の草分け的ディーゼル機関車です。
津軽五所川原
DD35(352)
津軽五所川原
オハ311,312,313(元国鉄オハ31,26,51,75)。
冬はストーブ列車として運行されていました。
1983年廃車。
オハ311が国鉄時代の姿に復元され、
埼玉の鉄道博物館で保存されています。
津軽五所川原
ナハフ1200(1202)
元西武鉄道クハ1155。運転台を撤去し客車として使用。
主に気動車に牽かれて走ってました。
おとなりの弘南鉄道クハ1266も同じく元西武クハ1151形です。
また流山電鉄モハ1002 クハ55 琴電890も同じ系統です。
現在でも1202,1203,の2両が健在です。
津軽五所川原
キハ24000 津軽五所川原到着。
キハ24000 津軽五所川原到着。
DD351の牽く列車。
この時はまだキハ11が入線する前で、気動車が不足しており、
夏でもオハ31を牽いて走っていました。
津軽五所川原
オハ31型車内。
ダブルルーフの天井、板の背もたれ、レトロ感一杯でした。



キハ24000+ナハフ1200
津軽五所川原


キハ24000+ナハフ1200
背景は岩木山
金木
DD35(351)の牽く混合列車
最後尾はナハフ1200
芦野公園~金木
キハ24000
芦野公園~金木



DD35+ナハフ1200
芦野公園~金木


キハ24000
本州最北端の私鉄駅
津軽中里
DD35(352)+ナハフ1200+オハ31×3
この時は客車4両の運用も見られました。
津軽中里



DD35(352)+ナハフ1200+オハ31×3
津軽中里発車


東北地方