南部縦貫鉄道

青字にリンクしています。

沿線の砂鉄輸送を目的に1962年に開通した、東北本線の野辺地から七戸まで20.5kmを結んでいた鉄道です。
当初は千曳~七戸間でしたが、東北本線の線路付け替えに伴い、千曳(西千曳と改称)~野辺地間の廃止線路を借用し、延長されました。
当初から経営は厳しく、倒産までしましたが、それでも継続したのは東北新幹線の七戸への連絡線となることを待っていたためです。
結局は待ちきれず、1997年に休止、2002年に廃止となりました。
当時は全国でもここだけ、レールバスが走っている事で有名でした。
1972年と1975年の二回訪問しています。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

キハ101

1962年の開業時から使用されている富士重工製のレールバス
1975年7月20日撮影
七戸

キハ102

キハ101と同時に導入された同型車
二回とも七戸の駅は閑散としていました。
1972年8月撮影
七戸

キハ102

1972年8月撮影
七戸

七戸の車庫の中
D451

開業時に導入された日立製ディーゼル機関車

キハ103

常総筑波鉄道キハ302。当初から予備車。1980年廃車。

キハ101

1972年8月撮影

DB11

除雪用モーターカーですが車籍がありました。
1975年7月20日撮影
七戸

七戸駅

1975年7月20日撮影

七戸駅構内

1972年8月撮影

キハ102

1972年8月撮影
七戸

キハ102車内

1972年8月撮影

キハ102運転台

一応は鉄道車両の運転台ですが、ギヤチェンジ用レバーの頭が見えてます。
1972年8月撮影

キハ102

1972年8月撮影
七戸

キハ102

1972年8月撮影
七戸

ワム11他

使用されておらず、1975年も同じ位置にありました。
1972年8月撮影
七戸

キハ101

かっての東北本線の千曳駅。東北本線用の長いホーム跡がわかります。
ここから野辺地までは東北本線の旧線を借用して運転していました。
1975年7月20日撮影
西千曳

D451

1975年7月20日撮影
野辺地

キハ102

1972年8月撮影
野辺地

キハ102

1972年8月撮影
野辺地