同和鉱業小坂鉄道

小坂鉱山、花岡鉱山からの鉱石運搬用の専用線として小坂線は1909年に、花岡線は1914年に開通し、1916年より旅客営業も開始しました。 当初は762mmの軽便鉄道でしたが、花岡線は1951年、小坂線は1962年に1067mmに改軌されています。
花岡鉱山の閉山を受け、花岡線は1985年に廃止。残った小坂線も1989年に小坂精錬小坂線となった後、2009年に廃止されています。
岡山県にあった片上鉄道も同じ同和鉱業の経営でした。
大館駅で国鉄奥羽本線と接続しており、1975年当時は旅客列車は、小坂~花岡間を直通運転していました。
小坂線の廃線跡は小坂レールパークになっています。
1975年7月18日撮影

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

キハ2100

1962年に5両 1967年に2両、日本車輌で製造された自社発注車です。気動車はこれ1形式でした。 1981年と1982年に1両づつ片上鉄道に転出し キハ801キハ802となりました。 1993年に1両廃車、残り4両は1994年の小坂線旅客営業廃止まで使用されました。 小坂線旅客営業廃止時に2両は廃車、2両は弘南鉄道に譲渡され黒石線で使用されました。 小坂の1両と片上の1両が保存されています。 関東鉄道キハ800は同系車です。
小坂

キハ2100

小坂

キハ2100

多客時は2両編成で運転されていました。
花岡

DD10(12)

1962年三菱重工製。3両ありました。
1985年花岡線廃止時に廃車。
大館

DC1(2)

1956年両57年1両 三菱重工製。4両ありました。
写真のDC2は花岡線に投入され、最初から1067mmでしたが、DC3,DC4の2両は762mm時代の小坂線に投入され、小坂線改軌時に1067mmに改造されています。
大館
雨宮製11号と貴賓車ハ1
小坂駅前に保存されていました。