弘南鉄道

弘南鉄道は日本最北の電化されたローカル私鉄です。
弘前~黒石16.8kmの弘南線と1970年に弘前電気鉄道を引き継いだ中央弘前~大鰐13.9kmの大鰐線が健在です。
1984年に国鉄黒石線 川部~黒石6.2kmを引き継ぎ、黒石線としましたが、1998年に廃止されました。
1975年当時は旧型国電が多く走っていました。現在は東急のお下がりが主力です。
1975年7月18日撮影

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

弘南線大鰐線へ

路線図の青字にリンクしています。

クハ1610
元国鉄クハ16222 クハ16200番台は1両のみでした。
1967年使用開始1988年廃車
弘前
モハ2025
旧阪和電鉄モヨ100 国鉄クモハ20052
松尾鉱業鉄道を経て1971年入線
新京阪デイ100、参宮急行デ2200と並ぶ阪和電鉄の戦前の古豪。 関西の電車ファンにはたまらない存在でした。
制御車化されたのち1989年廃車
平賀
ED301
1949年日本鉄道自動車製の凸型電機。
主に平賀で入れ替えに使用されていました。
2004年廃車。
平賀
モハ2232
元武蔵野デハ5754→西武モハ238
制御車代用で使用されていた様です。
平賀
モハ2231
元武蔵野デハ5553→西武モハ233
武蔵野のデハ5550は地方私鉄へ譲渡されており、同じ仲間に
近江鉄道モユニ10等があります。
平賀
モハ3403
東急から譲渡されて来たばかりの姿です。
まだ塗装も東急のまま。
平賀
クハ1266
元西武クハ1160。川崎造船製。1964年入線。
おとなりの津軽鉄道ナハフ1200も元は西武のクハ1151形です。
また、流山電鉄モハ1002 クハ55 琴電890も同じ系統です。
平賀
モハ2252
富士身延鉄道買収車国鉄モハ1203
1961年入線1988年廃車
平賀
クハ1611
元国鉄クハ16449
1985年廃車
平賀
モハ1122
西武経由で入線した元国鉄の戦災復旧車(モハ50118)
平賀
ED333
元西武のウエスティングハウス製。
今も除雪用として健在です。
平賀
モハ2026
元阪和電鉄モヨ100 国鉄クモハ20054
モハ2025と同じく松尾鉱業鉄道を経て入線。
平賀
岩木山を背景に浅瀬石川を渡る元旧型国電の3連。
前日の雨で増水し、水は濁ってました。
田舎舘~境松
モハ2025+クハニ1271
元阪和と伊那電買収車のコンビ。
田舎舘~境松
モハ1120
元国鉄クモハ11124 1988年廃車
弘南黒石

大鰐線弘南線へ

路線図の青字にリンクしています。
クハ205
鶴見臨港鉄道モハ118→上田丸子電鉄モハ4256 1972年入線
大鰐
モハ2251
富士身延鉄道買収車モハ1201
津軽大沢
モハ101
大鰐線が弘前電気鉄道として開業時(1952年)に導入された、
秩父鉄道の余剰木造車体に電装した電車。
1962年に簡易鋼体化。
木造時代の名残、トラス棒が残っています。
1976年廃車。
津軽大沢
モハ2251
中央弘前
クハ205
中央弘前