三菱石炭鉱業大夕張鉄道線

            

1911年に大夕張炭鉱専用線として清水沢~南大夕張間が開通。1929年に南大夕張~大夕張炭山間が開通。1939年に地方鉄道となりました。気動車は導入されず、旅客輸送は客車列車(混合列車)のみでした。1973年に大夕張炭鉱の閉山に伴い、南大夕張~大夕張炭山間9.6kmが廃止。1975年の時点では清水沢~南大夕張間7.6kmのみとなっていました。また、私鉄が次々と廃止された北海道で、唯一旅客輸送を行っている私鉄でした。清水沢~南大夕張間も1987年に廃止されています。
スハニ6 オハ1 ナハフ1 キ1は三菱大夕張鉄道保存会により南大夕張駅跡に保存されています。

1975年7月30日撮影

スハニ6+ナハ5+ナハフ1 DL55
南大夕張
DL55 No2
1973年三菱重工製。国鉄DD13の類似形式ですが、台車は独特のものでした。No1からNo3まで3両在りました。この機関車の投入により蒸気機関車は駆逐され、無煙化されています。
1987年に鉄道廃止とともに廃車。
清水沢
ナハフ1
1937年日本車輌製の自社発注車。
暖房はストーブでした。
1987年廃車。
清水沢
ナハ5
1917年汽車会社製。元国鉄ナル17702。1958年泰和工業にて改造後入線。
元国鉄の木造車の車体を乗せ換え、ノーシルノーヘッダーの近代的な姿でしたが、床下にはトラス棒が残っていました。1982年廃車。
清水沢
スハニ6
1913年大宮工場製 元国鉄オロシ9216。1951年に美唄鉄道に払い下げられ、鋼体化の後、1967年に大夕張線に入線しました。TR-70型3軸ボギー台車を履いていました。
1987年廃車。
清水沢
オハ1
1906年新橋工場製 元国鉄オハフ8857。1952年に車体を更新して入線しました。
1987年廃車。
清水沢
DL55 No1
運炭列車を牽いていました。
1987年廃車
南大夕張
DL55 No3
南大夕張
キ1
1940年苗穂工場製。国鉄キ100と同系のラッセル車ですが自社発注車です。
1987年廃車
南大夕張
南大夕張駅構内