北海道の国鉄ローカル線

1975年当時の北海道の国鉄ローカル線の風景です。

宗谷本線(南稚内~抜海)、万字線釧網本線(原生花園~浜小清水)標津線白糠線。赤字はすでに廃止された路線です。

宗谷本線 南稚内~抜海

1975年7月26日撮影

宗谷本線抜海駅
北海道らしい駅で人気がありました。
1975年当時は駅員が配置されていましたが、今では最北の無人駅となっています。
宗谷本線は旭川~稚内 259.4kmを結ぶ、日本最長の地方交通線です。
利尻島を望む有名な場所。
残念ながら利尻富士は雲の中でした。
キハ56系 急行天北
上の写真と同じ場所です。





キハ22
ローカルの単行




 

万字線

1985年廃止
1975年7月25日撮影

万字線は室蘭本線の志文から万字炭山まで23.8kmを結んでいたローカル線です。
沿線には美流渡炭鉱、朝日炭鉱、万字炭鉱等多くの炭鉱があり、石炭輸送で栄えましたが、エネルギー革命による炭鉱の閉山により寂れ、1985年に廃止されました。 写真は万字駅です。
キハ22 74
万字
朝日駅 駅の後ろに見える、朝日炭鉱は、
この前年1974年に閉山しており、
駅前の看板が当時の雰囲気を物語っています。
キハ21 3
朝日






朝日





釧網本線(原生花園~浜小清水)

1975年7月27日撮影

釧網本線は網走~東釧路166.2kmを結んでいます。
この当時は急行列車も走ってました。
キハ56系 急行しれとこ 
原生花園付近

キハ56系 急行しれとこ
原生花園付近

キハ56系 急行しれとこ
浜小清水
浜小清水駅
背景は知床半島






DE101605の牽くローカル
原生花園





標津線

1989年廃止
1975年7月28日撮影

標茶駅
ここから根室標津までの69.4km、また中標津で分岐し、厚床までの47.5kmからなる標津線が出ていました。標茶駅は釧網本線の駅として今も健在です。
標津線はJR北海道に継承されましたが、平成元年に廃止され、道東の地図に空白ができました。

キハ21+キハ22
根室標津行き
中標津

キハ22
厚床行き
DD16 46
中標津





キハ22
厚床で根室本線と接続していました。





白糠線

1983年廃止
1975年7月29日撮影

根室本線 白糠から北進まで33.1kmの路線でした。足寄までの延長計画がありましたが、実現しませんでした。日本一の赤字路線となったこともあり、特定地方交通線の先陣を切って廃止されました。上茶路~北進は1972年の開業であり、わずか10年余りで廃止されています。写真は北進駅のキハ22です。
北進、下北進の二駅は1972年に延長されています。
元々釧路二股、奥茶路という駅名だったのをさらに北へ伸びる期待を込めて北進、下北進に変更したそうです。